久保井塗装、環境負荷配慮の新工場 車や航空関連加工 7月着工、有害物質の発生抑制

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

塗装会社の久保井塗装(埼玉県狭山市)は、自動車や航空機などの部品の塗装需要の増加に応じるため7月に新工場を着工する。環境負荷軽減に対応するほか、研究開発にも力を入れる。製造ラインも増設し、2024年度に売上高を19年度比4倍にする考えだ。

新工場は現在の工場に隣接する約1670平方メートルの敷地を買い取り、建てる。機械を含む初期投資額は約2億5000万円を見込み、1年後の完成を目指す。

有害物質…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]