教員の負担軽減 外部招く 部活はプロ・大学生が指南
さいたま市、中高23校に29人派遣

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

教員の負担を減らすため、部活動の指導に専門的な技能を持つ外部指導者を登用するケースが増えてきた。2017年に教師に代わって部活動の指導や引率ができる「部活動指導員」が制度化されたことがきっかけだ。従来、部の顧問は必ずしも経験者ではなかっただけに、専門コーチならではの質の高い指導に期待が寄せられている。

「頭の中で八分音符を感じて」。数日後のコンサートを控え、放課後の音楽室で吹奏楽部の部員を前に指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]