山形大のEV研究センター 閉鎖検討、新事業に打撃 飯豊町長「大学挙げ課題に支援を」

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

山形大学の小山清人学長が「山形大学xEV飯豊研究センター」(山形県飯豊町)の閉鎖を検討していると町に伝えた。次世代電池の研究拠点として2016年に開設。町や山形銀行と3者で関連産業の集積を図る、地方創生の新たな取り組みとして注目されていた。特定の研究者に依存した事業だけに大学としてどこまで関わるのか議論もあるようだが、関係者は翻意を求めている。

「年末のあいさつに訪れた際、『xEVから手を引きた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]