/

この記事は会員限定です

リプロセル、iPS細胞を受託製造

欧米規制準拠

[有料会員限定]

培養液などを開発するリプロセルは今春にも、再生医療用のiPS細胞の製造受託サービスを始める。独自技術で製造し、他社の製品に比べて安全性が高いのが特徴という。日米欧の規制に対応し、製薬企業が世界展開しやすい。

iPS細胞は京都大学が作製して備蓄し、企業や研究機関に分配している。2017年に世界初の移植手術が日本で実施された。ただ日米の規制の違いから、備蓄されたiPS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン