金融コンフィデンシャル投資用マンション購入 融資の審査書類改ざん 申込者の年収水増し

2020/1/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

投資用マンションへの融資をめぐる仲介案件で、借り入れ希望者の審査資料が改ざんされている新たな事例がわかった。年収や職業などが改ざんされた例は少なくとも10人以上で、その多くは年収300万円に満たない人だった。投資用不動産向け融資の根深い問題が改めて浮かび上がった。

架空の勤務先

問題となっているのは、アルヒとアプラスが手がけた投資用マンションへの融資。アルヒをめぐっては2019年5月、自己居住の住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]