交遊抄つかず離れず 小林克満

2020/1/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

つかず離れず。郷里の愛知県で高校の同級生だった丸山真路君とは、そんな交友関係が40年ほど続いている。高校の2年間はクラスが同じだったが、いつも一緒にいたわけではない。それでもなぜだか気が合う仲だ。バイタリティーにあふれる男で、大学卒業後は山一証券に入社。彼の社内結婚やスペインへの赴任など節目で連絡を取り合っていたが、1997年の山一証券の経営破綻後はやり取りが途絶えていた。

だが2001年のある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]