/

この記事は会員限定です

映画と黙示録 岡田温司著

終末とリセット 二面性説く

[有料会員限定]

「世界の終わり」を描く映画に魅了されてきた。1990年代、ノストラダムスやオカルトブームのなか、阪神淡路大震災やオウム真理教事件と社会が一変する出来事が次々に起こった。『アルマゲドン』などで描かれる人類の滅亡は、世紀末と多感な10代が重なる私には、恐ろしいほどのリアリティーがあった。ところが、映画の黙示録的イメージに強く惹(ひ)きつけられたのも事実である。なぜ「世界の終わり」は、キリスト教の宗教観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン