交遊抄詩人の言葉の力 伊藤康英

2020/1/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2011年3月の東日本大震災以降、最も注目を集めた詩人の和合亮一さん。震災直後、短文投稿サイト「ツイッター」で、地元福島からたくさんの詩を発信したことをご記憶の方は多いだろう。私が和合さんと初めて連絡を取ったのもこの年の4月上旬。和合さんの内側から感情やエネルギーがあふれ出るような詩の言葉の力に圧倒されていてもたってもいられなくなり、「和合さんの詩に音楽をつけたい」とメールで訴えかけた。

和合さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]