/

この記事は会員限定です

マレーシア、「マハティール政権後」に懸念広がる

[有料会員限定]

「2020年のマレーシアを想像して絵に描いてみましょう」。31歳の医師、ハナフィア・アリさんは小学生の頃、よくこう言われたのを覚えている。いつも描いていたのは、「ロボットや空飛ぶ自動車が当たり前のように存在するマレーシア」だったという。

マレーシアでは20年は特別な年とされてきた。1991年当時、長期政権を担っていたマハティール首相がマレーシアの先進国入りをめざす「ビジョン2020」を提唱し、目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン