/

この記事は会員限定です

電子申告 導入期限迫る

4月、税・社会保険手続きで義務化 システム対応、負担大きく

[有料会員限定]

2019年12月、行政の電子化を目的とするデジタル手続法が施行された。パスポートの申請など約500の手続きが順次電子化される。今年4月からは企業の税申告や社会保険の申請の電子化も義務付けられる。約2万4000社が対象となるが、準備が整っていない企業が多いのが実情だ。(宇賀神宰司)

政府が12月下旬に公表した「デジタル・ガバメント実行計画」には、仕事や暮らしに関わる様々な手続きの電子化計画が並ぶ。4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン