/

この記事は会員限定です

毒をもつ生き物(1)

青い点々が出たら要注意

[有料会員限定]

体長10センチメートルほど、岩陰に潜む小さなヒョウモンダコは、色も地味で見逃してしまいそうだ。しかし侮ってはいけない。その体にはフグ毒としても悪名高い「テトロドトキシン」を含み、かまれると命の危険がある。

ヒョウモンダコは日本近海やオーストラリアなどに生息し、普段は背景に体色を合わせている。日本の太平洋岸では関東から九州まで、日本海側では能登半島付近から九州までと広く生息する。秋から冬の産卵の時期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン