/

この記事は会員限定です

メドレー 医療の人手不足追い風

「低価格に強み」市場評価

[有料会員限定]

23日の東京株式市場で、医療・介護関連の人材採用システムを手掛けるメドレーの株価が反発した。一時前日比187円(15%)高の1408円まで買われ、2019年12月の上場以来の高値を更新した。終値は124円(10%)高の1345円だった。

22日に三菱UFJモルガン・スタンレー証券が「買い」でカバレッジを始めたのが材料となった。医療分野の人手不足を追い風とした事業拡大を期待する個人投資家の買いも膨ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン