春秋

2020/1/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」が世に出たのは200年以上も前である。優れた知性と豊かな情感を持っているのに人々に疎まれて暴走してしまう人造人間と、彼をつくり出した天才科学者の悲劇は、世紀をこえ国境もこえて世界中で親しまれてきた。

▼この古典的な物語を思い起こさせるニュースに目を見張ったのは、10日ほど前だ。米バーモント大とタフツ大の研究者たちが世界で初めて「生きたロボット」を開発した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]