道内景況感、20年は2ポイント低下

2020/1/24付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

北洋銀行が発表した2020年の北海道企業の業況見通しによると、全産業の利益判断指数(DI)は19年実績比2ポイント低下のマイナス12だった。製造業の持ち直しが続く一方、消費増税の反動減の影響が尾を引くなどで非製造業は後退する。売り上げDIは8ポイント低下のマイナス11だった。

DIは増加すると回答した企業の割合から減少の割合…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]