JR東・東海、新幹線客の手荷物検査 五輪を機に探知犬でテロ対策

2020/1/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

JR東日本とJR東海は今夏の東京五輪・パラリンピックに向けて、7月までに東京駅などの主要駅で新幹線の乗客の手荷物検査を始める。テロ対策の一環で、駅の改札前などで爆発物の探知犬を使い警備会社や警察などと連携する。新幹線の手荷物検査は初となる。東京五輪の開幕まで24日であと半年に迫るなか、企業などの安全対策が本格化してきた。

密閉した空間の新幹線や飛行機などはテロなどに狙われる可能性も指摘されている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]