古今東西 あの出来事エボラ出血熱発生(1976年) コンゴでの流行 なお続く

2020/1/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

エボラ出血熱は1976年にスーダンとコンゴ民主共和国(当時はザイール)で初めて発生した。エボラ熱は致死率は25~90%といわれ、極めて危険な感染症だ。「エボラ」という名は、コンゴでのこの病気の発生地の近くに流れていた川の名前に由来する。ベルギーの感染症研究者、ピーター・ピオット教授が患者の血液から糸状のウイルスを発見した。

各国で複数の研究チームがワクチンや治療薬の開発を進めている。国内では20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]