/

この記事は会員限定です

企業内弁護士、5年で2倍

昨年、2400人超える 働き方改革など業務多様化

[有料会員限定]

民間企業で働く「インハウス」の弁護士が増えている。2019年は2400人を超え、5年前の2倍になった。M&A(合併・買収)や訴訟だけでなく、コーポレートガバナンス(企業統治)などで法律の専門知識が求められているからだ。司法制度改革で4万人余りに増えた弁護士にとって、働き口の選択肢の一つになっている。

日本組織内弁護士協会(東京・文京)によると、19年6月時点のインハウス弁護士は2418人だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン