平幕2人、1敗守る 初場所11日目

2020/1/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大関貴景勝は平幕宝富士を危なげなく押し出し、2敗を守った。平幕の正代、徳勝龍が1敗を保ち、首位をキープ。正代は新小結大栄翔を押し出し、徳勝龍は碧山を突き落とした。大栄翔は負け越し。日本相撲協会広報部によると、11日目を終えて平幕2人が首位に立つのは1956年夏場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]