部品供給にアマゾンの影 受託加工にも競合台頭

2020/1/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

製造業向けに、部品供給サービスを進化させるのはミスミに限らない。

産業用3D(3次元)プリンター大手の米ストラタシスは19年、日本で「デジタル・ファクトリー・ポータル」サービスを本格化。設計データをアップすれば、3Dプリンターで成型加工する。複雑な樹脂部品でも納期は1週間程度で、価格は1個数千~数万円だ。スタートアップのキャディ(東京・台東)も設計データをアップするだけで加工する町工場を仲介する…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]