グローバルウオッチマニラ市長、街浄化で辣腕
フィリピン

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

フィリピン・マニラ市のイスコ・モレノ市長(45)がきれいで安全な街づくりへ辣腕を振るい、注目を集めている。道路を占拠していた違法な屋台を一掃するなど規律を徹底。一方、貧民街で生まれ、端正な顔立ちで人気俳優に上り詰めた後、2019年に市長に転じたという経歴を持ち、市民からの支持は絶大だ。同じく強権的な政治手法で鳴らすドゥテルテ大統領も一目を置き、将来、中央政界の台風の目になる可能性もある。

雑然と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]