ライフサポートアルコール依存症治療 まず「減酒」、専門外来が支援
進む新薬処方 断酒への道に

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アルコール依存症の治療で、酒量を少なくする「減酒」の考えを取り入れる医療機関が現れ始めた。減酒向けの新薬の処方は進んでおり、専門外来を開設するクリニックも登場している。いきなり断酒する自信がない人の受診のハードルを下げ、潜在的な患者を治療につなぐ入り口としての役割が期待されている。

東京都杉並区の男性会社員(40)は、30代半ばから深酔いして記憶を失う「ブラックアウト」に陥る回数が増えた。日々の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]