/

この記事は会員限定です

草津白根山の活動、中長期的に活発 噴火予知連が見解

[有料会員限定]

火山噴火予知連絡会の「草津白根山部会」が21日、気象庁で開かれ、群馬県と長野県にまたがる草津白根山について「火山活動は中長期的には活発な状態が続いている」とする見解をまとめた。

見解は複数の山々からなる草津白根山全体への評価。部会では、草津白根山の中で気象庁が噴火警報の対象とする2つの火山も個別に検討し、2018年1月23日に噴火し死傷者が出た本白根山は「現在静穏な状態だが、引き続き火山活動の推移...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン