/

この記事は会員限定です

英フィンテック、日本攻勢 銀行手数料変革迫る

国際送金や外貨両替で

[有料会員限定]

英国の有力フィンテック企業が国際送金や外貨両替で日本市場に攻勢をかける。大手銀行の国際送金ではネットバンキングを利用しても最低3千円程度の手数料がかかるが、新興勢は一定金額まで無料なうえ短時間で届くケースもある。創業から数年でも手数料を武器に数百万人の利用者がおり、国内でも普及すれば銀行手数料に変革を迫ることになりそうだ。

英デジタル銀大手のレボリュートは6月までに送金や外貨両替などのサービスを始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン