東京発「のぞみ」の終電、22時に 3月から37分繰り下げ

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

JR東海は春のダイヤ改正で、東海道新幹線の最速列車「のぞみ」の終電時刻を繰り下げる。3月15日から、利用客の多い金曜日や日曜日を中心に、東京駅22時発、名古屋行きの臨時列車「のぞみ71号」の運行を始める。これまでは21時23分が終電だったが、出張者や観光客の需要増に対応した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]