/

この記事は会員限定です

中国新興企業 進む選別

投資先、AI・クラウド集中

[有料会員限定]

中国スタートアップ(新興)企業の資金調達(総合2面きょうのことば)を巡り、投資家が企業の選別を強める段階になってきた。中国の新興企業情報サイト「36Kr」によると、人工知能(AI)やクラウドで成長軌道の企業に巨額資金が集まる一方、創業間もない企業は調達力が低下している。2019年の調達額は前年より4割近く減った。上場後に時価総額が急落する例が相次ぎ、投資家の資金力も陰ったためで、投資先に対するより...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン