/

この記事は会員限定です

エネルギーバトル 電力、代わる主役(中)

停電下ともった明かり 分散型の強み、台風で証明

[有料会員限定]

2019年9月に上陸した台風15号により、千葉県で発生した大規模停電。全面復旧に2週間以上かかった混乱の中で、南東部の睦沢町に「停電があったことに気づかなかった」と話す住民のいる一画がある。

いち早く復旧

送電網の切断で9日未明に停電が起きたが、午前9時には町営住宅や道の駅への供給が復活し、明かりがともった。同町が出資する「CHIBAむつざわエナジー」が地元産の天然ガスを使う発電設備と送電線を持っていたためだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン