仮想通貨、遠い「投資対象」 昨年ファンド新設半減 ヘッジ手段乏しく悪循環

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

投資対象としての暗号資産(仮想通貨)が厳しい環境に置かれている。代表的なビットコインは2019年6月につけた高値(約1万3800ドル)から4割ほど安い水準に落ち込む。機関投資家の参入は限定的で、撤退するファンドも増えてきた。投資商品の広がりにも欠け、新しいアセットクラス(資産)になるには課題は多い。

「金価格とビットコインが連動した」――。年明け早々、仮想通貨交換会社の関係者は思わずつぶやいた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]