阪急うめだ、化粧品売り場面積4倍に

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

阪急阪神百貨店は21日、阪急うめだ本店の上層階の化粧品売り場を改装開業した。6階から7階に移動し、面積を以前の4倍に広げた。顧客が商品をじっくり選べる売り場がコンセプト。美容部員に加え、皮膚科医や美容師から助言が受けられる。画面に顔を映すと、肌の状態に合った商品を提案するスマートミラーなどデジタルカウンセリング機器も備えた。

新しい売り場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]