見て・動かして 京急を満喫 展示施設、MM21に開業 引退車両や沿線ジオラマ

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

京浜急行電鉄は21日、「京急ミュージアム」を横浜市のみなとみらい(MM)21地区にある本社1階に開業した。昭和初期に実際に運行していた車両を見ることができるほか、シミュレーション装置で電車の発車や停車、速度調整などの操作を体験できる。鉄道展示施設は同社では初めて。

施設面積は約200平方メートル。他の鉄道会社の展示施設と比べると規模は小さいが、子どもや鉄道ファンが楽しめる要素を取り入れているとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]