新型肺炎、感染力の増大懸念も WHO「人から人に」中国患者291人

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【大連=渡辺伸】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、世界保健機関(WHO)は21日「人から人への感染がみられるのは明白だ」と指摘した。死者数は計6人に増え、患者数は中国全体で291人に達した。発症者は今後も増える公算が大きく、専門家の間では感染力増大への懸念も浮上している。(関連記事を社会1面に)

新型肺炎を調査している中国衛生当局の専門家チームのトップ、鍾南山氏も「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]