迫真緊迫サイバー攻防戦(2) 狙われる電子決済

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定」。取引銀行からスマートフォンにショートメッセージが届いた。文中のリンク先のサイトではIDやパスワードに加え、第2暗証番号などの入力を求められた。最近急増するフィッシング詐欺の手口だ。

対象は安全性が高いとされる「2要素認証」。犯罪者は詐欺サイトに誘導し、ワンタイムパスワードなどの入力を促す画面を表示する。利用者が指示通り入力する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]