「複数児童からいじめ」 大阪・八尾の女児、再調査委が認定

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

大阪府八尾市の小学6年の女子児童(12)が同級生からのいじめで不登校になった問題で、いじめの内容や学校の対応を調べていた市の再調査委員会が21日、記者会見して調査結果を公表した。「少なくとも4年生(2017年)の5月ごろから複数の男子児童の言葉によるいじめを受けていた」と認定した。

昨年6月に公表された第三者委員会の報告書で、18年2月以降にあった同級生の男児1人からの暴行などをいじめと認定。女…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]