大野・阿部詩ら来月に内定も

2020/1/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

柔道は2月に代表レースが大一番を迎える。8、9日のグランドスラム(GS)パリ大会、21~23日のGSデュッセルドルフ大会の結果を踏まえ、最有力候補と2番手との差が大きいとみられる階級は、4月の最終選考会(全日本選抜体重別選手権)を待たずに全日本柔道連盟の強化委員会で3分の2以上の賛成で代表を決める。

王手をかけたとみられているのが五輪連覇を目指す男子73キロ級の大野将平(旭化成)だ。2016年リ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]