/

この記事は会員限定です

1月22日 日韓新漁業協定が発効 竹島周辺に暫定水域

[有料会員限定]

1999年1月22日、日韓の新漁業協定が発効した。日本海はイカやカニの好漁場だが、「乱獲の海」としてトラブルが絶えなかった。国連海洋法条約を踏まえ、排他的経済水域(EEZ)の設定や資源管理の実施などを盛り込んだ新しいルールを両国で設けた。

両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺に暫定水域を設定し、漁業協定を領土問題と切り離した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン