正代、貴景勝破る 初場所9日目 強い当たり 好調実感

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大関貴景勝は正代に突き落とされて2敗に後退した。正代と徳勝龍の平幕2人が1敗を守って首位。かど番大関の豪栄道は炎鵬に押し出されて3勝6敗となった。

宝富士に押し出されて6敗目の関脇高安は10勝が条件だった1場所での大関復帰を逃した。関脇朝乃山は小結大栄翔を下し6勝3敗。2敗で追うのは貴景勝と豊山、輝の平幕2人。十両は元大関の照ノ富士が9連勝として単独首位を維持した。

落ちていく貴景勝を見送りな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]