/

この記事は会員限定です

江蘇碩世生物科技(中国)

新型肺炎で需要増の思惑

[有料会員限定]

20日の中国株式市場で、新市場「科創板」上場のバイオ企業、江蘇碩世生物科技が急伸。前週末比13.1元(20%)高の78.6元と、制限値幅の上限(ストップ高)まで買われた。中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念され、同社が開発した製品の需要が拡大するとの思惑から買いが集まった。

20日は武漢市で死...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません