日産、100自治体と連携へ 来年度中 EV、災害時に提供

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車は電気自動車(EV)「リーフ」を活用した自治体との連携を広げる。災害時に避難所向けの電源として無償で貸し出したり、庁舎をカーシェアの拠点に利用したりするための協定の締結先を、現在の約40自治体から2020年度末までに100自治体まで増やす。非常用電源としての認知を広げて採用拡大につなげたい考えだ。

協定の主な内容は、災害で停電が発生した際、自治体が指定する避難所などに日産や系列販売店が…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]