都内の就業者増も賃料上昇は緩やか

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

総務省の労働力調査によると、東京都の就業者数は2011年から増え続けている。就労人口の伸びがオフィスの需要につながっている。旺盛なニーズの一方で賃料の上昇ペースはバブル期に比べると緩やかで、当面は市況のバランスが崩れるリスクは小さそうだ。ただ、入居企業の賃料負担余力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]