/

この記事は会員限定です

福山市が事務自動化 まず4業務

20年度に10業務追加

[有料会員限定]

広島県福山市は定型的な事務作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入する。まず29日から放課後児童クラブの利用申請入力など4業務に導入、2020年度に10業務を追加する。

福山市によると、これまで児童クラブ申請入力に年950時間費やしていたのが390時間になるなど、4業務で計950時間の削減効果が見込めるという。また、国民健康保険税や介...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン