真相深層新型肺炎、中国の情報開示に疑念
北京・広東省、韓国でも感染 春節控え混乱の芽

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がってきた。武漢市の198人に加えて、患者は北京市や広東省に拡大し、中国全体で計218人に達した。海外では日本やタイのほか、韓国でも発症者が確認された。専門家の間にウイルスが感染しやすい性質に変わったとの見方は少ないが、感染者拡大を受け中国政府の情報開示への疑念が高まりつつある。

患者200人超に

武漢市当局によると、18~19日に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]