光秀ゆかりの好機生かせ 福井、大河ドラマ機に誘客
御朱印やパンフ、のぼり… 全国へ発信急ぐ

2020/1/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放映が19日から始まり、福井県内が沸いている。実は福井は明智光秀が青年期を過ごしたゆかりの地が多くあり、劇中での登場が期待されるからだ。ただ、全国的な知名度はいまひとつ。「ブームに終わらせず、観光客の呼び込みにつなげたい」と関係者の思いは高まる。

「大河ドラマが決まってから、称念寺に大型の観光バスが来るようになった」と話すのは坂井市観光連盟(福井県坂井市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]