2020年 針路を聞く(4) PM除去器 売上高2倍 日本ガイシ社長 大島卓氏

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

「2020年度はガソリン車に取り付け粒子状物質(PM)を除去する装置『GPF』が好調に推移するだろう。浄化用セラミックス製フィルターで売上高を今年度計画2倍の460億円にする。新車市場の先行きは不透明だが、各国で排ガス規制が強化されており、GPFの需要は今後確実に伸びる。昨年12月には中国江蘇省の新工場が稼働し始め、供給体制も整ってきている」

「19年の半導体市況は想定より悪い状況が続いていた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]