/

この記事は会員限定です

丸太輸出価格 3年2カ月ぶり安値

米中摩擦長期化 中国で需要減、欧州材も流入

[有料会員限定]

スギなど国産丸太の輸出価格が下落し、3年2カ月ぶりの安値となった。米中貿易摩擦の長期化に伴い輸出の約8割を占める中国の景気減速が鮮明となり、工業製品の梱包材向けなどの需要が鈍った。安価な欧州産の木材が大量に中国に流入して需給が緩んだことも一因だ。国の国産材振興の流れもあって拡大が続いた木材輸出だが、2019年は丸太は3年ぶりに前年実績を割り込みそうだ。

財務省の貿易統計によると、2019年11月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン