中国外交戦略 東南アを個別切り崩し 習氏、まずミャンマー訪問

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の習近平(シー・ジンピン)指導部はトランプ米政権と貿易や安全保障を巡る争いが長引くとみて、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に接近し個別に切り崩している。貿易相手としてASEANが米国を抜いて2位に浮上しているうえ、南シナ海の領有権を巡る問題でASEANの結束を防ぎ、交渉の主導権を握る狙いだ。

習氏が2020年最初の外国訪問先に選んだのがミャンマーだ。18日のアウン・サン・スー・チー国家…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]