/

この記事は会員限定です

中国外交戦略 東南アを個別切り崩し

習氏、まずミャンマー訪問

[有料会員限定]

中国の習近平(シー・ジンピン)指導部はトランプ米政権と貿易や安全保障を巡る争いが長引くとみて、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に接近し個別に切り崩している。貿易相手としてASEANが米国を抜いて2位に浮上しているうえ、南シナ海の領有権を巡る問題でASEANの結束を防ぎ、交渉の主導権を握る狙いだ。

習氏が2020年最初の外国訪問先に選んだのがミャンマーだ。18日のアウン・サン・スー・チー国家顧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン