経済教室物言う株主と企業(上)経営改善への実効性向上
鈴木一功・早稲田大学教授 宮島英昭・早稲田大学教授

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍政権による企業統治改革の進展とともに、経営改善に向けた株主と企業の対話(エンゲージメント)が注目されている。

並行してアクティビストファンドの活動も目立ち始めた。一般には、株主提案や意見公表などの公開ルートを通じて企業経営に関与する「物言う株主」の側面が注目されがちだ。だが実際の活動としては伝統的な機関投資家と同様、非公開の対話を通じたエンゲージメントも重要だ。近年、機関投資家の依頼を受け、…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]