片思いこそリアル
恋愛群像劇の名手 今泉力哉監督

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

どの登場人物も恋をしているが、どの恋もうまくいかない。そんな片思いだらけの恋愛群像劇をつくり続ける今泉力哉監督に話を聞いた。ぐだぐだの恋愛は「答えがないから面白い」という。

2019年の「愛がなんだ」でブレーク。公開中の「mellow メロウ」も様々な男女の様々な片思いを描く。

「自主映画を撮っていたころに思いついたのが、世の中のカップルも、みな互いの思いに差があるんじゃないかということ。50対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]