薬師寺、防火へ決意新た 首里城の火災受け訓練

2020/1/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

26日の「文化財防火デー」に先立ち、奈良市の世界遺産・薬師寺で20日、金堂から出火したという想定で消防訓練が行われた。例年は実施していなかったが、昨年10月の首里城(那覇市)火災を受け、実施を決めた。今春には東塔(国宝)の解体修理が落慶することもあり、節目を前に防火への決意を新たにする。

訓練には僧侶や消防隊員ら約100人が参加。奈良市消防局の訓練用の仏像「まもろうくん」などを使…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]