首位と僅差に手応え 「2本とも良かった」

2020/1/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

首位との差は飛距離換算で0.5メートルにも満たない0.3点差。小林陵は7戦ぶりの勝利にわずかに届かなかった。だが好飛躍をそろえ、内容には手応えを感じている。「今日は試合の2本とも良かったんで」と相好を崩した。

特に有利な向かい風が強く吹いた1回目は圧巻だった。ヒルサイズを5メートルも上回って最長不倒をマークし、両腕で力強くガッツポーズをつくった。これほど納得できる飛躍は「(昨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]