デンシバSpotlightEU、「国境炭素税」導入方針 排出枠の価格上昇背景に

2020/1/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

地球温暖化を防ぐため、欧州連合(EU)が2019年末に大胆な方針を示しました。50年に温暖化ガスの排出をゼロにするため、排出量の多い輸入品に課税する「国境炭素税」という構想を打ち出したのです。背景や影響を考えてみます。

石油や石炭に課税する炭素税は、欧州や日本など30カ国程度が導入しています。国内の消費が対象で、国をまたぐ税の徴収は例がありません。EUは生産過程で温暖化ガスを多く排出する鉄鋼など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]