全世代型 社保改革を実行 首相が施政方針演説
憲法論議「国会の責任」

2020/1/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

第201通常国会が20日召集され、安倍晋三首相は午後の衆参両院本会議で施政方針演説に臨む。「全ての世代が安心できる全世代型社会保障制度をめざし、本年、改革を実行していく」と表明する。憲法を巡っては「未来に向かってどのような国をめざすのか。その案を示すのは私たち国会議員の責任ではないか」と憲法審査会での議論を呼びかける。

関連記事総合面に

夏の東京五輪・パラリンピックについて「世界中に感動を与え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]